2011年12月10日

おすすめのクラシック音楽入門★ヴィヴァルディ:四季

バロック音楽の代表的な曲。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=rbeunUDAUuI


「四季」というぐらいですので、超有名な「春」だけでなく、「冬」だってあります。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=3QUt_rsUa3c


「四季」の4曲は、それぞれが3楽章ずつ。

最初と最後が速いテンポで、真ん中がゆっくりとした楽章になっています。

これを「急・緩・急の3楽章構成」といい、この形式を確立したのが、ヴィヴァルディだ。


さらに、独奏者とオーケストラとが掛け合いのようにして演奏していく協奏曲も、ヴィヴァルディが確立したジャンルだ。

実は「四季」の楽譜が発見されたのは1949年。

この曲が爆発的にヒットしたのは1955年に室内合奏団イ・ムジチ演奏のレコードが出てからだ。

イ・ムジチとはイタリア語で「音楽家たち」。

彼らは「四季」にレコードが出るまでは、ほとんど知られていなかった。

イ・ムジチのおかげで「四季」は名曲となり、イ・ムジチもこの曲で名声を得た。

そういうわけで、「四季」についてはイ・ムジチの演奏がベストとなる。


★ヴィヴァルディ:四季(アマゾン) 
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009N2VDC/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★ヴィヴァルディ:四季(楽天)
   ↓ 
http://tinyurl.com/7ywpwfw


posted by ホーライ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

おすすめのクラシック音楽★バッハ:G線上のアリア

せつなくも美しいメロディがあなたの心をわしづかみする。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Ha-IJi1UVGo

ヴァイオリンには4本の弦がある。
G線、D線、A線、E線と呼ばれている。
G線が最も低い。

「アリア」はイタリア語で「歌」。

ちなみに「バッハ」はドイツ語で「小川」。
バッハは音楽の父と呼ばれ、膨大な数の作品を残した。

冬ざれた町や草原を眺めながら聴くとピッタリの曲。


★バッハ:G線上のアリア(アマゾン) 
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000MQ50Y8/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★バッハ:G線上のアリア(楽天)
   ↓ 
http://tinyurl.com/6weu6l3


posted by ホーライ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

こんな時代にこそ、至福の時を★バロック名曲集

パッヘルベルのカノン「バロック名曲集」

主な収録曲

・水上の音楽

・パッヘルベルのカノン

・G線上のアリア

・オーボエ協奏曲「ヴェニスの愛」

・恋するガリア


室内管弦楽の演奏で「上品で知的」と評判なのが、音楽学者でもある指揮者、ジャン=フランソワ・パイヤールが率いるパイヤール室内管弦楽団である。

そのアンサンブルは、繊細なうえに明るさがあり、古典的で格調高い世界を表現している。

このアルバムは、バロック音楽の名曲を選りすぐったもので、ジャン=ピエール・ランパル(フルート)、ピエール・ピエルロ(オーボエ)、モーリス・アンドレ(トランペット)など、フランスの名手たちの共演が聞けるのも楽しみの1つだ。

バロック入門用として最適であり、昼寝のBGMとしても最高であり、読書のお供にベストであり、音楽って、美しいんだと思いたいときに、この1枚だ。

こんな時代にこそ、至福の時をどうぞ。



パイヤール/パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集









パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集







■■■■■ クラシック音楽入門、おすすめのクラシック音楽 ■■■■■■
         ↓
クラシック音楽入門、おすすめのクラシック音楽、おすすめのクラシック名曲集」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。


posted by ホーライ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。