2006年04月06日

男だったんだと女がいて気づいた

いつか死ぬんだと病の中で笑った。


吉田拓郎 / ベスト (CD)

【J-POP/歌謡曲:よ】吉田拓郎 / ベスト (CD) (Aポイント付)


posted by ホーライ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 年代別音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

1990年代の音楽シーン

【1990年代の音楽シーン】

20世紀最後の10年である1990年代の音楽シーンは、イワユル「渋谷系と呼ばれる音楽ジャンルが誕生」。


●『渋谷系』

青春歌年艦 ’90(1990) BEST30

青春歌年艦 ’90(1990) BEST30


★CHAGE&ASKA

『SAY YES』

■武田鉄也と浅野温子という、異色の恋愛ドラマ『101回目のプロポーズ』主題歌。幻想的なオープニングから、力強いサビ部分まで、すべてがドラマの内容とリンクし、涙した人は数知れない。
武田鉄也の迫真の演技「僕は死にません!」という台詞が、一世を風靡した。

CHAGE & ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH
CHAGE & ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH



★槇原敬之

『どんなときも。』

■ラブ・ソングの教祖的存在。平凡で身近で温かい、そういった当たり前に過ぎ行く日常の中から生まれたような歌の数々は、同世代の男女の共感を呼び、瞬く間に大ブレイクした。
ご存知、SMAPの『世界にひとつだけの花』の楽曲提供者でもある。

■槇原敬之 ベストCD【Completely Recorded】■送料無料(8/25発売)
■槇原敬之 ベストCD【Completely Recorded】■送料無料(8/25発売)




…PR………………………………………………………………………
 【プリンやケーキの洋菓子通販】
小さな町のケーキ屋さんから、手作りお菓子をお届けします
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=TYDLW+9E68DU+H62+5ZMCJ

……………………………………………………………PR……………



★KAN

『愛は勝つ』

■「ヤマダかつてないTV」の企画中で流れ、問い合わせが殺到、爆発的な大ヒットに。

今を生きるすべての人におくる‘恋愛応援歌’で、かつてここまで真っ直ぐに純粋に愛を語られたことはあっただろうか?
「愛は勝つ」という直球勝負な歌詞は、逆に照れも恥ずかしさも払拭してしまう底力があった。

KAN/ゴールデン☆ベスト KAN BEST
KAN/ゴールデン☆ベスト KAN BEST



★森高千里

■抜群のルックス、特にインパクト大な衣装からスラリと伸びる、その脚線美に釘付けになった男性も多いであろう個性派アイドル。
その後、ドラマー(ドラムを叩く人ね)にもチャレンジ!

森高千里/Best Selection Of First Moritaka 1987-1995
森高千里/Best Selection Of First Moritaka 1987-1995



★Mr.Children

■数々のミリオン・ヒットを樹立、日本が誇るスーパー・アーティスト。

字余りにも聞こえる歌詞の中に、無駄な言葉は一つとして存在しない。
VO・櫻井が放つメッセージは、恋愛や人生において、普段考えたこともないような、それでいて恐ろしくリアリズムに満ちている。

Mr.Children ベストCD【1992-1994】+【1995-2000】2枚セット(送料無料)
Mr.Children ベストCD【1992-1994】+【1995-2000】2枚セット(送料無料)



♪♪-----------------------------------------♪♪
   ポータルサイト モール街 
インターネットを隅々まで望む 
電望台 by 波間風太
http://panic.in/braincenter/index.html
♪♪-----------------------------------------♪♪


ジャパンネットバンクで現金化できるインターネットの共通ポイント⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから


posted by ホーライ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 年代別音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

世界が音楽で動くかもしれない

【1960年代の音楽シーン】

●世界が音楽で動くかもしれないと思われていた時代。

永六輔、中村八大という希代稀な名コンビがいた時代。

坂本 九というちょっと変わった歌い方をする新人を中村八大が永に紹介した。


「上を向いて歩こう」を唄わせた。

うえをむうういてええ あああるこほほほよ〜♪


この唄い方を聞いて永六輔は諦めたらしいが、これが大爆発のヒットを飛ばす。

その後、この三人は激動の60年代をリードしていく。

世相では安保反対の嵐が吹き荒れ、デモが各地で発生。
また、大学紛争も多発していた。

そこに現れたのが、「岡林信康」、「高田 渡」たちだ。


ここに和製フォーク時代が到来する。


●はっぴいえんど
風街ろまん



●小室等
いま 生きているということ




--------------------------------------*

詳細はこちら。
   ↓
「風に吹かれる音楽」
http://page.freett.com/ideamusic/

*--------------------------------------

posted by ホーライ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年代別音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。