2007年03月25日

闘う歌を今、唄えるのは

闘う歌を今、唄えるのは吉田拓郎では(残念ながら)なくて、中島みゆき、だ。

古くは「世情」から「ファイト」、「永遠の嘘をついてくれ」、そして「宙船」。



いつか、彼女を越える歌手が出てくることを願っています。(中島みゆき、ひとりでは、僕らの時代があまりにもセツナイ。)


中島みゆき/ベストアルバム 大吟醸





中島みゆき/元気ですか





中島みゆき/ララバイSINGER








全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ
posted by ホーライ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン VOL.2

ヨーロッパ・ツアーに合わせて急遽企画されたディランのベスト盤。

97年リリースの#VOL.1も日本ではかなりの実績であり、入門編としてはこの2枚がぴったりの内容になっている。


Dylanは60年代の定番の曲も素晴しいけれども、70,80年代にも優れた曲が数多くある。

vol.1は80年代の曲のカバレージが少なかったが、本作は70年代から90年代の名曲も比較的多くとりあげているので、Dylan入門編としてvol.1を選んだ人は、お金に余裕があれば、本作も購入すれば、Dylan全キャリアの名曲は大体カバーできる。

時代がボブ・ディランを要求している。

そしてボブ・ディランが垣間見た世界を僕たちも、このアルバムを通して見ることができる。


いったい、ボブ・ディランに影響を受けなかった音楽家って、いるのだろうか?



《送料無料》ボブ・ディラン/ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン Vol.2(CD)





ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン VOL.2






心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

極める!「ホーライ・ブックセンター」

仕事の達人になる方法(サイト版)

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」
posted by ホーライ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン / BOB DYLAN

1997年編纂のボブ・ディランのベスト盤。

ディランの場合、オリジナル・アルバムの数が多いうえ、各時代ごとに名盤と呼ばれる作品があり、さらには歌詞が難解なため日本語対訳がないとなかなか曲の内容を理解できない等々、初めて聴く人にとってはハードルの高いアーティストともよく言われる。

そんなディラン・ビギナーにオススメなのが本盤だ。

62年の余りにも有名な「風に吹かれて」から、89年の『オー・マーシー』収録曲「エヴリシング・イズ・ブロークン」まで、ディランの代表作といわれる作品を過不足なく網羅した選曲の良さ、菅野ヘッケル氏によるディランのバイオグラフィーおよび詳細な全曲解説、そして歌詞対訳と、入門用としてこれほどコンパクトかつ充実したテキストは他にない。

“一家に一枚の必携盤”という表現も、決してオーバーではない。


ディランのベスト盤は過去に何枚も発売されているが,この最新ヴァージョンはベーシックなレパートリーをコレクションしたものだ。

こうやって聴いてみると,この約35年間にディランは尽きぬ創造力を発揮してきたことが分かる。


味わい深い名曲揃いだ。


友よ、その答えは風に舞っている。


ボブ・ディランと同時代に生きていることに感謝する。(感謝したくなるような作品たちなのだ。)



【CD】【20%OFF!】★激安★ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン / BOB DYLAN





ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン






心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

極める!「ホーライ・ブックセンター」

仕事の達人になる方法(サイト版)

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」
posted by ホーライ at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

吉田拓郎への中島みゆきからのラブレター「永遠の嘘をついてくれ 」

吉田拓郎のファンになって、もう30年以上になる。

愛知県の篠島でのオールナイトコンサートにも行った。

泉谷しげるが主催した武道館での「日本を救え!コンサート」にも行った。
このライブで拓郎は中島みゆきの「ファイト!」を唄った。
その歌は拓郎のオリジナルとでも言えるほど、見事に拓郎にマッチしていた。
(事実、僕は拓郎のオリジナルだと、しばらく信じて疑わなかった。)

『ファイト!』

「闘う君の歌を闘わないやつらが笑うだろう。ファイト!」


先日、TVで「つま恋」でのかぐや姫とのライブを見ていたら、久々に「お!いい歌じゃん」というのが有った。

『永遠の嘘をついてくれ』

「君よ永遠の嘘をついてくれ
 いつまでもたねあかしをしないでくれ
 永遠の嘘をついてくれ
 なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ」


「傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
 放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
 嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
 やりきれない事実のかわりに」

すると、その舞台に中島みゆきが出てきた!

僕はまたしてもやられたね、と思った。

吉田拓郎に並んで唄う中島みゆきの顔がまるで「狩人」のように見えた。
その顔は怖いくらいの美しさも漂わせていた。


『パラダイス・カフェ』 中島みゆき


1. 旅人のうた(2nd Version)
2. 伝説
3. 永遠の嘘をついてくれ
4. ALONE,PLEASE
5. それは愛ではない
6. なつかない猫
7. SINGLES BAR
8. 蒼い時代
9. たかが愛
10. 阿檀の木の下で
11. パラダイス・カフェ



パラダイス・カフェ

パラダイス・カフェ



パラダイス・カフェ





■ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)
   ↓
http://www.geocities.jp/horai_shop/


posted by ホーライ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」

人気の音楽バラエティ番組から誕生したバンド、「LOVE2 ALL STARS」は武部聡志、高中正義、中川雅也などを基本メンバーとし、本作では21人の豪華アーティストを率いた、拓郎初のセルフカバー集。

厳選された70~74年までの楽曲16曲に、ヒットした同番組の主題歌も収録された秀作。

何と言っても、ビッグアーティストのセッションが聴きどころ。

拓郎の人生観が集約されたフォーキーな世界が、バンドサウンドによってスケール感を増してよみがえる。

拓郎の軌跡をたどりつつ、若い世代にもその魅力をアピール。

円熟&ゴージャスなアレンジで甦る往年の名曲の数々。

さすがに聴かせるが,やっぱり丸くなった感は否めぬ。

しかし、この年齢になって初めて味わい深い作品になっている曲もある(「野の仏」や「どうしてこんなに悲しいのだろう」(絶品!!)、「人生を語らず」など。)

僕もこの年齢(46歳)になって、その作品の良さが分かってきた気もするし。


吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」(アマゾン)

吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」(楽天)

ラベル:吉田拓郎
posted by ホーライ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。