2011年11月26日

おすすめのクラシック音楽入門★モーツァルト:交響曲第40番

天国の音楽として誰もが一度は耳にしたことがある名曲です。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=5e2f-GcvNk4


モーツァルトのかなしさは疾走する。

涙は追いつけない。


詩人の谷川俊太郎は「死ぬということはモーツァルトを聴けなくなることだ」と言っている。


あくまでも華麗に美しいメロディを聴いていると、読書も進みます。

頭がよくなるモーツァルト、という研究結果もあるぐらい。


それはともかくとして、クラシック入門としても最適です。

下記に紹介しているCDはモーツアルトの三大傑作交響曲が入っているとてもお得なCDです。

プレゼントとしてもいいかも。


★モーツァルト:交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」(アマゾン) 
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G7PH/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★モーツァルト:交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」(楽天)
   ↓ 
http://tinyurl.com/78rnp8e



posted by ホーライ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

おすすめのクラシック音楽入門★マーラー:交響曲第1番『巨人』

おすすめのクラシック音楽入門★マーラー:交響曲第1番『巨人』

新しき伝説の名曲
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=pCa38xYXPqM

原題は「タイタン」。

この「巨人」は、マーラーの交響曲作曲家人生の幕あくとなる、記念すべき作品。
作曲家としてのマーラーは、ハイドンに始まり、モーツァルトを経てベートーヴェンによって完成された交響曲正統派の流れの最後に位置する。

交響曲を、これ以上の発展はないというところまで行きつかせたのがマーラーだ。

本曲はマーラー入門としてピッタリの曲ですね。

初冬に聴くには「もってこい」の静謐な名曲です。
紅茶を飲みながら、どうぞ。

下記で紹介しているのは「小澤征爾,ボストン交響楽団」のCDですが、絶品です!
「とりはだ」ものです。


★マーラー:交響曲第1番『巨人』(アマゾン) 
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0029PY3RA/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★マーラー:交響曲第1番『巨人』(楽天)
   ↓ 
http://tinyurl.com/7ydtfq5

posted by ホーライ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

おすすめのクラシック音楽★ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』

名曲を寄せ集めた名曲
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=TgN4kmvbIw0

この曲のタイトルがいう「新世界」とはアメリカのこと。

では、旧世界とは? ヨーロッパだ。


作曲者のドヴォルザークはチェコが生んだ最大の作曲家。

ドヴォルザークは1892年にアメリカに渡り、ニューヨークの音楽院の院長に就任。

このニューヨーク時代に、アメリカ各地をまわり、音楽の「採集」をした。

こうして集めた「新世界」の音楽の材料をもとにしたのがこの曲だ。



第2楽章は「家路」という歌としても知られている。
  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=BMjTrYLzV4Q

「遠き山に日は落ちて」と書けば、メロディが思い浮かぶ人も多いだろう。



聴けば希望が湧いてくる名曲中の名曲です。

人生、一度はじっくり聴いてみたい。


★ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』(アマゾン) 
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PGTE38/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』(楽天)
   ↓ 
http://tinyurl.com/7joyw3a

posted by ホーライ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。