2010年10月09日

★組曲「惑星」スターヴ・ホルスト作曲

★組曲「惑星」スターヴ・ホルスト作曲
     ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000STC5I8/horaihonoyomu-22


「惑星」は、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの作曲した代表的な管弦楽曲である。
この組曲は7つの楽章から成り、それぞれにローマ神話に登場する神々にも相当する惑星の名が付けられている。

第4曲「木星」は非常に人気があり、特に有名であり、いろんな所で聞く。
たとえば、「ジュピター」として平原綾香が歌っているのは最高だ!

この組曲は「火星」で始まり「海王星」で終わっている。
全てを聞くと太陽系を俯瞰できる。

まるで天体写真を見ているかのように、絵画的で、クラシック入門編としてもいける。
(ただし、演奏するのはむっちゃ、大変なんだけれどね。)







■ホーライ製薬(架空の製薬会社の日常)
http://horaiseiyaku.seesaa.net/


■医薬品ができるまで(言いたい放題)
http://chiken-imod.seesaa.net/


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/


■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/


posted by ホーライ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

フジ子・ヘミング 奇蹟のカンパネラ

★「フジ子・ヘミング 奇蹟のカンパネラ」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00002DDHJ/horaihonoyomu-22


今日の紹介は「クラシック音楽」というジャンルではなく、「フジ子・ヘミング」という類まれなる才能の塊の女性の紹介です。

不遇の時代が長い。実に長い。聴力まで失うということまで。

1999年2月11日にNHKのドキュメント番組、ETV特集『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』が放映されフジ子ブームが起こった。

その後、発売されたデビューCD「奇蹟のカンパネラ」は、発売後三ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットとなった。
第14回日本ゴールドディスク大賞の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞した。

波瀾に富んだ人生がTVで紹介されるやいなや、それまでまったく無名だったベテラン・ピアニストの境遇は一変した。
放送と時期を合わせて発売されたこのデビューCDは飛ぶように売れ、コンサートの切符はあっという間に売り切れた。
そして、気がついてみれば日本のクラシック音楽界に遅咲きのスターが1人誕生していたのだ。

文章にたとえるとすれば、難しい漢字や熟語を使わずに、わかりやすく自分の思うところを述べた口語文とでもいったところか。
それでいて、人の心をつかむ技は十分心得ている。

音色はあたたかく、かすかにコケットリーを含んでいる。だから耳にやさしい。


自動車でポルシェが好きな人は中村紘子さんを。

自動車でBMWが好きな人なら、フジ子・ヘミングだ。(違う?)


★「フジ子・ヘミング 奇蹟のカンパネラ 」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00002DDHJ/horaihonoyomu-22






■ホーライ製薬(架空の製薬会社の日常)
http://horaiseiyaku.seesaa.net/


■医薬品ができるまで(言いたい放題)
http://chiken-imod.seesaa.net/


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/


■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/
posted by ホーライ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

「ヘンデル:水上の音楽」

★「ヘンデル:水上の音楽」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000060N6I/horaihonoyomu-22

ドイツの巨匠として音楽史に残るバッハとヘンデル。
ヘンデルは若くしてイタリアで成功を収めた。
その後も各地で多くのものを学び、それぞれの聴衆の好みを取り入れながら作曲している。

この「水上の音楽」は、スポンサーのジョージ1世に捧げられたものだが、とてもハッピーになれる。
週末の午後、紅茶などを飲みながら聞くとグッドです。

堂々としていて、華やかで、聴いているだけで幸せな気分になれると思います。
元気になりたい時、気分がのらない時にもぜひお奨めです。





■ホーライ製薬(架空の製薬会社の日常)
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/


posted by ホーライ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。